平成29年度

指定研修講座

講座名
特別支援学校への人事交流教員研修講座2(高等学校)
期日
平成29年4月17日(月)、8月4日(金)、8月21日(月)、平成30年2月22日(木)、他1日
時間
9:00~16:30
会場
(下の欄を参照してください)
定員
該当者
(概要)
期日・時間・会場 内容
4/17(月)
亀井野庁舎

講義「交流2年目を充実させるために」

教職員人事課

講義・協議「地域の特別支援教育やインクルーシブ教育の推進に求められるもの」

インクルーシブ教育推進課

講義・演習「特別支援教育におけるキャリア教育」

所員

講義・演習「自立と社会参加に向けて~障害福祉制度の理解~」

所員

8/4(金)
亀井野庁舎

講義・演習「通常の学級における支援が必要な児童・生徒への指導・支援について」

国立特別支援教育総合研究所研究企画部主任研究員

海津亜希子

講義・演習「教育相談コーディネーターと連携した支援」

所員

講義・演習「ケース会議の意義と効果的な持ち方」

県立特別支援学校教員

8/21(月)
亀井野庁舎

講義・演習「アセスメントの方法~行動観察・記録・支援の手立て~」

所員

講義・実践報告「インクルーシブな学校づくりに向けての取組1・2~高等学校での実践~」

県立高等学校教員

4日目
日程調整中
所外

4日目の研修では、公立高等学校を1校訪問します。

※会場校は後日お知らせします。

研修にあたって「学校紹介」

会場校校長

見学「教育的ニーズを踏まえた授業」「日常生活の様子」

会場校教員

振り返り「教育的ニーズを踏まえた授業づくり」

所員

実践報告「校内支援体制の取組」

会場校教員

2/22(木)
亀井野庁舎

講義・演習「通常の学級における発達障害の特性理解とその支援」

所員

講義「交流及び共同学習」

所員

演習「2年間の人事交流を終えての決意」

教職員人事課

講義「交流教員の今後に期待すること」

教職員人事課

目的
 特別支援学校のセンター的機能について理解を深め、県立高等学校・中等教育学校における支援・相談体制を充実させるための実践力を身に付けるとともに、専門性を高めることで地域におけるインクルーシブ教育の推進役となることを目指します。
対象
中等

問合せ先

特別支援教育推進課

(0466)81-1582

備考
・1日目、2日目、5日目の研修は、「市町村立小・中学校教員の県立特別支援学校への人事交流実施要綱」に基づく交流教員と合同で研修を実施します。
・4日目は、高等学校を会場に行います。日時については、調整の上、後日各学校にお知らせします。

 

このページを閉じる