平成29年度

自己研鑽のための研修講座

※定員の欄の( )内は、基本研修の選択研修講座の受入れとして優先する人数です。

講座名

「主体的・対話的で深い学びの実現に向けて」―アクティブラーニングの実践と学習評価―

(第12回 神奈川大学高大連携協議会フォーラム)【タイトルが変更になりました。】

期日 8月4日(金) 12:50~17:00 
会場 神奈川大学横浜キャンパス(横浜市神奈川区六角橋3-27-1) 定員 150(105)
内容

【基調講演】「アクティブ・ラーニングの学習評価の在り方 ~多様な資質・能力を測るルーブリックの活用」


早稲田大学教職大学院 教授 田中 博之氏

【実践発表Ⅰ】「生徒が習得した知識を活用する深い学びとその評価の実践事例」


神奈川県立大和南高等学校 教諭 渡邉 研悟 氏

【実践発表Ⅱ】「主体的、対話的で深い学びを目指して―高校数学における実践―」


静岡県立浜松北高等学校 教諭 大村 勝久 氏

【実践発表Ⅲ】「ディベートから論文執筆へ―大学初年次教育におけるレポート指導の実践―」


玉川大学リベラルアーツ学部リベラルアーツ学科 准教授 下村 恭広 氏

【パネルディスカション】

パネリスト:上記4名

モデレーター:神奈川県立藤沢清流高等学校 総括教諭 小島 昭彦氏

目的

第11回の本フォーラムにおいて、アクティブ・ラーニングを取り上げ、高等学校、大学、企業の実践事例等を通じ、高等学校、大学等がその垣根を越えて協議した。12回目となる今回のフォーラムでは、「主体的・対話的で深い学び」の実現に向けた実践事例とともに、学習評価にも焦点をあて、多様な資質・能力を育てるための学習方法と、その評価の在り方について協議する。

対象
小学校 中学校 高等学校 中等教育学校 特別支援学校

その他

【神奈川大学連携講座】

・神奈川大学高大連携協議会が主催する講座です。

・基本研修の選択研修講座番号:411

体系

受講申込み

※期日を過ぎたため、受付けを終了しました。

申込締切 7月14日(金)
受講決定 先着順決定型
問合せ先

企画広報課

(0466)81-1759

このページを閉じる