神奈川県立総合教育センター

教職キャリア課

 

○善行庁舎

〒252-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1974

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩8分

神奈川県立総合教育センター研修講座報告

○平成24年度 自己研鑽のための研修講座から

確かな学力をはぐくむ教科指導研修講座2 小学校社会

【横浜国立大学教育人間科学部附属教育デザインセンター連携講座】

期日 7月31日 火曜日
13:30~16:30
内容

講義・演習 「確かな学力と社会科の指導」

横浜国立大学教授 重松克也

目的 小学校社会科における子ども一人ひとりの確かな学力の育成を目指した指導の在り方について理解を深め、実践的指導力の向上を図ります。 定員 40
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・授業映像を視聴し、子どもたちがつまづく理由や支援方法について協議しました。

・協議を通じて、子どもたちの実態を把握することや教材分析の大切さについて考えました。

・地域素材を教材化する上で、どのような点に留意すればよいかについて具体例を基に考えました。

受講者の感想

社会科の授業で何を大切にしていくべきかを学ぶことができました。

系統的な授業計画が大切だということが分かりました。

3年生を担任していますが、社会科が最も難しいと感じていました。9月からがんばりたいと思います。

研修の様子

研修講座の様子

このページの先頭に戻る

実践的授業力向上研修講座~新学習指導要領が目指すもの~〔社会〕

中高地理歴史・公民

期日 7月31日 火曜日
13:30~16:30
内容

講義 「新学習指導要領と中高地理歴史」

所員

講義 「新学習指導要領と中高公民」

所員

協議 「新教育課程で期待される授業づくり」

所員

目的 中学校社会科3分野と高等学校地理歴史・公民科諸科目とのつながりを踏まえながら、生徒の学びの継続を考えます。 定員 20
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※社会及び地理歴史・公民担当教員

※横須賀市教員を含みます。

※私立高校教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア開発班

(0466)81-1974

報告

・中学校社会科と高等学校地理歴史・公民科についての学習指導要領の変更点への理解を深めるための講義を行いました。

・新教育課程での授業づくりについて、中学校・高等学校の先生方が一緒に協議しました。

受講者の感想

社会科の新学習指導要領は何度話し合ってもいいことです。

異なる校種の先生方と交流することができて、よい機会でした。ありがとうございました。

このページの先頭に戻る

社会・地歴公民研修講座3 公民~地球市民としての取組み~

期日 8月15日 水曜日
13:30~16:30
内容

講義 「財政の現状と租税教育」

国税庁東京国税局税務署税務広報広聴官

協議 「今後の租税教育の在り方」

国税庁東京国税局税務署税務広報広聴官、所員

目的 租税のしくみや課題を中心に、学校教育における「租税教育」の在り方について理解を深めます。 定員 30
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※中学校・中等教育学校は社会担当教員、高等学校は地理歴史・公民担当教員

※横須賀市教員を含みます。

※私立学校教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア開発班

(0466)81-1974

報告

・国税庁税務広報広聴官に「財政の現状と租税教育」と題して講義していただきました。

・「今後の租税教育の在り方」について、グループ協議を行いました。

受講者の感想

租税教育はもっと深く取り組まないといけないと考えています。今後も、今回のような研修を実施していただき、より多くの先生方に参加していただきたいです。

自分が知らない税のこともたくさん知ることができてよかったです。今日の研修で、税に対する自分の中の壁が低くなりました。ありがとうございました。

参考リンク

このページの先頭に戻る

社会・地歴公民研修講座2 日本史~歴史資料から神奈川を知る~

期日 8月22日 水曜日
13:30~16:30
内容

講義 「歴史資料から神奈川を知る」 企画展「鎌倉密教」

県立金沢文庫学芸員

実習 「県立金沢文庫展示室等の見学」 企画展「鎌倉密教」

県立金沢文庫学芸員

協議 「博物館・資料館資料を利用した生徒の主体的な学習について」

県立金沢文庫学芸員、所員

目的 新学習指導要領に見られる「博物館・資料館の調査・見学」を取り入れた生徒の主体的な学習活動を展開するため、県立金沢文庫が所有する貴重資料を通して、博物館等の活用方法及び歴史資料を教材とする実践的指導力を身に付けます。 定員 36
会場 県立金沢文庫
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※中学校・中等教育学校は社会担当教員、高等学校は地理歴史・公民担当教員

※横須賀市教員を含みます。

※私立学校教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア開発班

(0466)81-1974

報告

・県立金沢文庫の企画展「鎌倉密教」について、学芸員の講義を受けてから、展示を見学しました。

・博物館・資料館資料を利用した生徒の主体的な学習について、グループ協議を行いました。

受講者の感想

博物館や資料館を利用して、授業をしてみたいと思いました。貴重な研修をありがとうございました。

個人的に興味のある内容で、楽しかったです。授業で直接教えるには深すぎるかもしれませんが、教員がこの事実を知ったこと、展示を見学したことは、何かにいきてくると思っています。

参考リンク

このページの先頭に戻る

社会・地歴公民研修講座1 地理~フィールドワーク演習~

【横浜国立大学教育人間科学部附属教育デザインセンター連携講座】

期日 11月10日 土曜日
9:00~16:30
内容

講義 「フィールドワークを活用した授業づくり」

横浜国立大学教育人間科学部教授 西脇保幸

実習 「フィールドワークの実際」

横浜国立大学教育人間科学部教授 西脇保幸

協議 「フィールドワークを活用した教材作成」

横浜国立大学教育人間科学部教授 西脇保幸、所員

目的 野外での調査・研究を行うフィールドワークの演習を通して、効果的な方法や注意点について理解を深め、フィールドワークを活用した授業づくりのための実践的指導力を身に付けます。 定員 30
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※中学校・中等教育学校は社会担当教員、高等学校は地理歴史・公民担当教員

※横須賀市教員を含みます。

※私立学校教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア開発班

(0466)81-1974

報告

・横浜国立大学の西脇保幸教授より、フィールドワークを活用した学習活動の意義などのについて講義していただきました。

・教授の説明を受けながら、境川、藤沢宿跡などを見学しました。

・研修室で、各自勤務校周辺でのフィールドワークを活用した授業づくりに取り組みました。

受講者の感想

フィールドワークの行い方が分かり、実践したいと思いました。

自分が勤務している学校周辺にいろいろな教材があることに改めて気づかされました。

参考リンク

このページの先頭に戻る