神奈川県立総合教育センター

教職キャリア課

 

○善行庁舎

〒251-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1974

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩8分

神奈川県立総合教育センター研修講座報告

○平成27年度 自己研鑽のための研修講座から

「確かな学力を育む教科指導研修講座2 小学校算数」(小学校のページ)

「課題学習」にいかす数学研修講座~数学の有用性について考える~

期日 8月5日(水曜日) 13:30~16:30
内容

講義・演習「数学を学ぶことに感動を覚え、その有用性を実感させる授業づくり」

横浜国立大学教授 馬場裕

目的 生徒の関心や意欲を高める課題を設け、生徒の主体的な学習を促し、数学のよさを実感させる授業づくりについて学びます。 定員 20
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※数学担当教員

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア開発班

(0466)81-1974

報告

・横浜国立大学の馬場教授からデータ分析の身近な例をたくさん紹介して頂き、授業への活用が期待できる講座となりました。

・豊富な知識に基づき、大学入試と高校教科とのかかわりにも触れて頂き、実践的で授業に役立つような研修となっていました。

・特に、授業で使えるソフトウェアなど生徒が興味を引く題材の紹介があり、参加者の授業の参考になりました。

・ほとんどが高校数学の内容であったことから、参加者の中には普段の授業への活用が難しい方もいましたが、個人の能力開発には役に立っていました。

受講者の感想

データの分析についての身近な題材が多く取り上げられており、活用できそうなものがたくさんありました。

大学入試についても、数学Aの背景など大学側からの視点を伺うことができ色々と納得することができました。

授業で使えるフリーソフトや、生徒が興味を引く題材の紹介があり、今後の授業の参考になりました。

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

数学の授業づくり研修講座~数学的活動を取り入れた授業づくり~

期日 8月11日(火曜日) 13:30~16:30
内容

講義・演習「数学的活動を取り入れた授業づくり」

国立教育政策研究所学力調査官 新井仁

目的 数学学習に関わる目的意識をもった主体的活動の在り方について理解を深め、単元「資料の活用」「データの分析」の数学的活動をいかした授業づくりについて学びます。 定員 40
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※数学担当教員

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

研修企画班

(0466)81-1694

報告

・日常生活に即した統計の授業案をたくさん紹介していただきました。

・身近なデータを分析する演習を行いながら、数学的活動を取り入れた授業づくりについて、たくさんの気づきを得ることができました。

受講者の感想

実践例が多く具体的でした。作業のイメージが強かった資料の活用の分野でしたが、「使える」ようにすることが大切だと学びました。

統計は時間がなかったため、これまで生徒に考える時間をあまり与えることができませんでした。とても参考になりました。

研修の様子

講義の様子

演習の様子

演習の様子

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

数学教育研修講座~言語活動を促す教材の工夫~

期日 8月12日(水曜日) 13:30~16:30
内容

講義・演習「言語活動を促す教材と授業の工夫」

筑波大学教授 礒田正美

目的 数学科において、生徒のつまずきの傾向や原因を把握し、言語活動を有効に取り入れるための指導の向上、教材の工夫・改善を図ります。 定員 30
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※数学担当教員

※私立学校教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア開発班

(0466)81-1974

報告

・つまずきについて、どう指導していけばよいか、具体例とともに講義・演習していただきました。

・つまずきやすい箇所にこそ、指導の手立てとして言語活動を取り入れる要素がたくさんあることを学ぶことができました。

受講者の感想

生徒がどのようにつまずくのかという原因が分かり、それを踏まえて、どのように授業を作っていくことで、生徒のつまずきが解消されるかがわかりました。

生徒のつまずきは既習事項の定着に問題があるということを学んだので、高等学校の数学に限らずに中学校数学についても教材研究していきたい。

研修の様子

講義の様子

演習の様子

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る