神奈川県立総合教育センター

教職キャリア課

 

○善行庁舎

〒251-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1974

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩12分

神奈川県立総合教育センター研修講座報告

○平成29年度 自己研鑽のための研修講座から(講座実施日順)

リコーダー指導法研修講座

期日 8月1日(火曜日) 13:00~16:30
内容

講義・実習「初歩のリコーダー指導法」

名古屋音楽大学講師 山田洋一

目的 ソプラノリコーダーの導入期からの指導法について、実習(打楽器との合奏曲を含む)を通して実践的指導力を高めます。 定員 30
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※私立学校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・より良い音を出すためのリコーダーの構え方や息のコントロールの仕方、タンギング(舌による音の出し方の技法)等、リコーダー導入期の具体的な指導法を学びました。

・アンサンブルの授業にいかせるよう、打楽器の名前や奏法について確認しました。

・最後に受講者全員でリコーダーと打楽器で、楽曲「トリステーザ」を演奏しました。

受講者の感想

リコーダーの最初の音の出し方やタンギングの指導法がとても具体的で分かりやすく良かった。

参考になることが多くあった。タンギング等のあいまいであった知識がより正確なものになった。今後子どもたちに伝えていきたいと思う。

「パフ」や「ラバースコンチェルト」などのアレンジが参考になった。色々な楽器の組み合わせを工夫しながら演奏してみようと思う。

研修の様子

タンギングの種類について説明

リコーダーオーケストラ

リコーダーを用いた器楽合奏

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

音楽の授業づくり研修講座1~合唱指導~

期日 8月16日(水曜日) 13:30~16:30
内容

講義・実習 「合唱指導の基本」

昭和音楽大学短期大学部教授 山舘冬樹

目的 合唱指導の基本について、実習を通して実践的指導力を高めます。 定員 30
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※中学・高校は音楽担当教員または、音楽系部活動、行事等担当教員

※小学校・特別支援学校は音楽担当教員または、音楽行事等の担当教員

※政令・中核市教員を含みます。

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告
・指揮法概説や指揮の基本図形、歌唱における日本語の扱いなど、合唱指導法の基礎を中心に学びました。

・無声音と有声音、「ん」の発音は「n」なのか「m」なのか、各母音の口の開け方、外国語と日本語のアクセントの違いなど、具体的な指導法を、今年度のNHKコンクールの課題曲などを題材に学びました。

受講者の感想

これまでどのように指揮を振ればよいかよく分からなかった。指揮法を学び、ただ拍子をとるだけでなく、曲を自分なりに理解してどう歌わせたいか、強さやテンポなどを表現することが大切だと改めて感じた。

素敵な曲を3曲紹介してもらえたので、学校で使ってみようと思った。

指揮のやり方を研究していきたい。また、子どもたちとの信頼関係を築いて、素敵なハーモニーを作りたい。

研修の様子

指揮法について説明

実際の指揮と共に合唱

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

音楽の授業づくり研修講座2~授業のためのアナリーゼ~

期日 8月24日(木曜日) 13:30~16:30
内容

講義・演習 「授業のためのアナリーゼ」

県立高等学校教員

目的 音楽から感じ取ったことの根拠を楽譜から読み取るためのアナリーゼについての理解を深め、演習を通して実践的な指導力を高めます。 定員 30
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

   

※音楽担当教員

※政令・中核市教員を含みます。

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・はじめに、アナリーゼを取り入れた授業実践報告が行われました。その後、ポピュラーミュージック2曲(「カブトムシ」「スパークル」)を用いて、リズム、メロディー、ハーモニーの観点から分析を行いました。

    

・楽曲「カブトムシ」の分析の仕方や特徴のつかみ方を学びました。また、楽曲「スパークル」の分析をグループで行いました。

   
受講者の感想

それぞれの曲には、たくさんの要素が散りばめられていて、それを知っていると楽しみ方が変わると感じた。

これまでアナリーゼは、してみたいと思っていてもハードルが高くてできなかったが、具体的に教えて頂くことで授業に取り入れられる勇気が湧いた。全てはまねできなくてもエッセンスを取り入れたい。

研修の様子

楽曲の解説

グループ協議

グループ協議の発表

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る