神奈川県立総合教育センター

教職キャリア課

 

○善行庁舎

〒251-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1974

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩8分

神奈川県立総合教育センター研修講座報告

○平成27年度 自己研鑽のための研修講座から

リコーダー指導法研修講座

期日 7月21日(火曜日) 13:00~16:30
内容

講義・実習「初歩のリコーダー指導法」

名古屋音楽大学講師 山田洋一

目的 ソプラノリコーダーの導入期からの指導法について実習を通して実践的指導力を高めます。 定員 30
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※私立学校教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・名古屋音楽大学講師の山田洋一先生をお招きし、リコーダー導入期の基礎的な奏法や注意事項など、児童・生徒が支援を必要とする課題における、すぐに実践できる指導法を学びました。

・アンサンブル曲の実習では、打楽器(マラカス、クラベス、タンバリン)の使い方も学ぶことができました。

受講者の感想

初歩のリコーダー指導法ということもあり、基本的な所から指導していただき、リコーダーの苦手な私にとって大変勉強になる講座でした。

講師の先生がリコーダーの知識をたくさんお持ちで、それを分かりやすく教えて下さり、良い研修だと思いました。

とても具体的に教えていただきありがとうございました。先生の人柄に支えられ、私も穏やかに吹くことができました。

生徒の様子が思い浮かぶ実践的な講義内容でした。

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

音楽を伝える力を高める指揮法研修講座

期日 7月31日(金曜日) 13:00~16:30
内容

講義・実習「音楽を伝える力を高める指揮法」

指揮者 小田野宏之

目的 指揮法の基本から指導法まで実習を通して音楽を伝える力を高めます。 定員 20
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※音楽担当教員または音楽系部活動担当教員または音楽系行事担当教員

※私立高校教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・指揮者 小田野宏之先生を講師としてお招きし、指揮についての講義とともに受講者一人ひとりへの実技実習を行いました。

・実習曲として当日に用意されたブルグミュラー「乗馬」とバルトーク「子どものために第25番」のほかに、課題曲より「春に」(混三)で実践し、指揮の基本や音楽への深い読み方を学ぶことができました。

受講者の感想

テクニックだけでなく音楽的な考え方、表現の仕方など大変勉強になりました。ありがとうございました。

一人ひとりに実践的で、すごく勉強になりました。

とても分かりやすく、面白い講義でした。小田野先生の言葉や指導の仕方も自分の指導にいかしていきたいです。

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

音楽の授業づくり研修講座~体ほぐし・心ほぐしの歌唱指導~

期日 8月7日(金曜日) 13:00~16:30
内容

講義・実習「体ほぐし・心ほぐしの歌唱指導」

鹿児島大学教授 日吉武

目的 合唱の導入から指導法について、実習を通して実践的指導力を高めます。 定員 30
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※中学・高校は音楽担当教員または、音楽系部活動、行事等担当教員

※小学校・特別支援学校は音楽担当教員または、音楽行事等の担当教員

※政令・中核市教員を含みます。

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・鹿児島大学教授の日吉武先生を講師としてお招きし、前半は体や心をほぐす方法を数多く学びました。

・後半は、課題曲を仕上げる中で前半の講義内容を実践し、歌声の変化とともに音楽的な表現も深まっていくことを体験することができました。

受講者の感想

これからの合唱指導ですぐに使える内容で、大変参考になりました。

体のつくりや働きから理論的に声の出し方を教えていただいたので納得しました。

音楽の指導が、より楽しくやっていけそうな研修でした。特にキャラクターを使ったイメージの伝え方は有効だと思いました。

研修の様子

講義・実習の様子

実習の様子

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

「プロの演奏家に学ぶ」研修講座

【昭和音楽大学・昭和音楽大学短期大学部連携講座】

期日 8月10日(月曜日) 13:30~16:30
内容

講義・演習「レクチャーと演奏」

昭和音楽大学教授 樋口哲生(ホルン)

教授 小峰智子 他

目的 プロの演奏家の演奏や講義を通して、学校における音楽科指導や特別活動等の指導について、理解を深めます。 定員 80
会場 昭和音楽大学 C103(オーケストラスタジオ)
対象
中等

※中学校、高等学校は音楽科教員または、音楽系部活動担当教員

※小学校、特別支援学校は、音楽(教科、行事等)担当教員

※政令・中核市教員を含みます。

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・昭和音楽大学・昭和音楽大学短期大学部連携講座です。今年度は昭和音楽大学教授 樋口哲生先生(ホルン)と昭和音楽大学教授 小峰智子先生他をお招きししました。

・第1部では様々な金管楽器を実際に見ながら、金管楽器の歴史や仕組みについて学ぶことができました。

・第2部では金管五重奏の演奏を、インタビューや楽曲の解説とともに味わうことができました。

・第3部ではキャリア教育の視点でもある、音楽家になるまでやホルン奏者としてのお話等をうかがうことができました。

受講者の感想

実際の演奏、実物を用いての説明など非常に分かりやすかったです。また、演奏も本当に楽しく拝聴しました。3部の構成も分かりやすく、楽しいお話でした。ありがとうございました。

樋口先生のお話は簡潔で大変わかりやすく、金管楽器の種類や歴史を理解することができました。学生さんの技量もさることながら、金管五重奏の響きの美しさは素晴らしかったです。裏話も楽しく聞かせて頂きました。職は違えど、どの道にも苦労はつきものだとも感じました。

本研修講座の魅力の一つは生演奏を聴けるということで、それを存分に味わうことができました。樋口先生の演奏も聴きたかったです。

研修の様子

第1部の様子

第2部の様子

第3部の様子

参考リンク

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る