神奈川県立総合教育センター

教職キャリア課

 

○善行庁舎

〒251-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1974

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩8分

神奈川県立総合教育センター研修講座報告

○平成26年度 自己研鑽のための研修講座から

リコーダー指導法研修講座

期日 7月22日 火曜日  13:00~16:30
内容

講義・実習 「初歩のリコーダー指導法」

名古屋音楽大学講師 山田洋一

目的 ソプラノリコーダーの導入期からの指導法について実習を通して実践的指導力を高めます。 定員 30
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※私立学校教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・講師は、リコーダー指導で定評のある、名古屋音楽大学講師、山田洋一先生でした。

・前半は、小学校でのリコーダー導入期の指導の仕方など、実際にリコーダーで音を出し、音を確認しながら進めていただきました。

・リコーダーを使った簡単な創作のアイディアなど、夏休み明けの授業から活用できるアイディアを提示していただきました。

・後半は、アンサンブルを中心に実習を行い、相互発表も行いました。

受講者の感想

大変実践的な内容で、楽しく研修できました。ありがとうございました。

リコーダーでの音楽作りがよかったです。3~4年生でもできそうな内容でした。

研修の様子

講義の様子

実習(アンサンブル)の様子

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

音楽の授業づくり研修講座~伝統音楽に親しむ~

期日 7月30日 水曜日  9:00~12:00
内容

講義 「箏・三味線の理解、演奏法」

箏曲演奏家 設楽千聡代、坪井智子

目的 箏や三味線の実習を通して、伝統的な音楽について理解を深め、指導力の向上を図ります。 定員 20
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※音楽担当教員

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・講師は、箏曲演奏家の設楽千聡代先生と坪井智子先生でした。

・前半は箏と三味線について、歴史的背景、楽器の構造、現在の状況などのお話があり、後半は、三味線か箏のどちらかをメインの楽器として選択し、実習しました。

・受講者同士の相互発表のあと、生田流、山田流の違いなどを講師の演奏を交え伺いました。演奏家の演奏を間近で聴くことができ、非常に貴重な時間でした。

受講者の感想

半日だけでは物足りないので、2回に分けて開催していただけると、技術をもっと身に付けられると思います。

学校では箏をレンタルしているため、自主練習ができるような機会があれば助かります。

研修の様子

講義の様子

筝の実習の様子

相互発表の様子

参考リンク

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

合唱指導法研修講座~体ほぐし・心ほぐしの歌唱指導~

期日 8月11日 月曜日  13:00~16:30
内容

講義・実習 「体ほぐし・心ほぐしの歌唱指導」

鹿児島大学教授 日吉武

目的 合唱の導入から指導法について、実習を通して実践的指導力を高めます。 定員 30
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※中学・高校は音楽担当教員または、音楽系部活動、行事等担当教員

※小学校・特別支援学校は音楽担当教員または、音楽行事等の担当教員

※政令・中核市教員を含みます。

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・講座をより充実した内容にするために、受講予定の方には予め楽譜の譜読みや、楽譜の準備をお願いしました。

・講師の日吉武教授から、様々な経験に基づいた、授業でやってみようと思えるたくさんのアイディアを教えていただきました。

・受講者も歌唱指導を実際に受けることで、音で実感できる講座内容でした。

受講者の感想

学んだこと全てを自分自身が一度に出して歌えなかったので、復習してから児童への指導にいかしたいです。

音程の取り方やファルセットを用いた歌唱法は、とても参考になりました。実践の場で役立てたいと思います。

日々合唱指導に悩んでいたので、とても勉強になりました。ありがとうございました。

研修の様子

講義の様子

実習の様子

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

「プロの演奏家に学ぶ」研修講座

【昭和音楽大学・昭和音楽大学短期大学部連携講座】

期日 8月18日 月曜日  13:30~16:30
内容

講義・演習 「レクチャーと演奏」

昭和音楽大学教授 石内聡明(Timpani)

教授 小峰智子

他3名

目的 プロの演奏家の演奏や講義を通して、学校における音楽科指導や特別活動等の指導について、理解を深めます。 定員 50
会場 昭和音楽大学 ユリホール
対象
中等

※中学校、高等学校は音楽科教員または、音楽系部活動担当教員

※小学校、特別支援学校は、音楽(教科、行事等)担当教員

※政令・中核市教員を含みます。

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・3部構成で、第1部は講師による演奏とお話、第2部は著名な作曲家のティンパニに託した役割や背景についての講演、第3部は音楽科指導や、特別活動に関わるようなお話を伺いました。

・講師の石内聡明教授(打楽器奏者)から、プロの演奏家としての経験を踏まえた貴重なお話を伺うことができました。

受講者の感想

ティンパニーの歴史を、とても分かりやすく説明していただき、興味深かったです。ティンパニーは魅力的な楽器ですね。演奏してみたくなりました。くわしい資料も参考にさせていただきます。ありがとうございました。

プロの話は面白い!初めて知ることの面白さです。音へのこだわり、音楽の深さをあらためて思い、また引き出しがふえました。すばらしい演奏もありがとうございました。

研修の様子

講義の様子

演奏(バルトーク)

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る