神奈川県立総合教育センター

教職キャリア課

 

○善行庁舎

〒251-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1974

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩8分

神奈川県立総合教育センター研修講座報告

○平成26年度 自己研鑽のための研修講座から

商業の授業づくり研修講座

~広告づくりを通してコミュニケーション能力を育む~

期日 8月5日 火曜日  13:00~16:30
内容

ワークショップ 広告学校(CM入門)

所員

目的 CMづくりを通して、情報を魅力的に周囲の者に伝え、共に課題を解決していく活動についての理解を深めることで、生徒のコミュニケーション能力を育む授業を目指します。 定員 20
会場 小田原総合ビジネス高等学校
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※商業担当教員(原則)

※政令・中核市教員を含みます。

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・(株)電通と東京学芸大学が連携して考案された「広告小学校(中・高校版)」というワークショップを基に、受講者同士がコミュニケーションを図りながら課題を解決していく展開でした。

・CMづくりのワークショップを体験することで、コミュニケーション能力の基礎となる発想力・判断力・表現力・グループによる課題解決力などを培う活動についての理解を深め、学習活動への活用を考えることをねらいとした研修でした。

・グループで考えたコンセプトを基に、15秒のCMを演じて大いに盛り上がりました。

受講者の感想

参加することが大事だと思いました。アイデアが出ない時に、他の人やグループのものを見ると新しく湧いてきたのでよかったです。

PGG発想法を授業の中で活用したいと思います。

とことんアイデアを絞り出させるということを生徒にやらせるためには、どんな支援の仕方が必要か考えることが難しい気がしました。

授業で行き詰まりを感じていたので、とても参考になる研修でした。ヒントを沢山いただけて有意義な研修でした。

全体的に思考力・判断力・表現力をフル活用する良い授業だと思いました。

研修の様子

研修講座の様子

研修講座の様子

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

工業基礎技能向上研修講座~旋盤~

【神奈川県高等学校教科研究会工業部会連携講座】

期日 8月7日 木曜日、8月8日 金曜日  9:00~16:30
内容

講義・実習 「旋盤実技研修Ⅰ」 「旋盤実技研修Ⅱ」

講義・実習 「旋盤実技研修Ⅲ」 「旋盤実技研修Ⅳ」

外部講師、県立高等学校教員

目的 工業の授業において必要とされる基礎技術(旋盤)の向上を目指します。 定員 12
会場 県立産業技術短期大学校
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※政令・中核市教員を含みます。

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・講師として実際の現場の旋盤技術者であったものづくりマイスターの方々に指導していただき、旋盤加工実習を通して旋盤の基礎技能を学びました。旋盤加工のポイントやノウハウを的確に指導していただき、実際に指導する際に幅広く参考となる充実した内容でした。

・受講者のレベルに合わせ、3つに分類し、それぞれ講師がついて丁寧な指導が行われました。受講者は皆、真剣な表情で取り組んでいました。

受講者の感想

ノギスやマイクロをもう一度基本から学べる機会があり、良かったです。

講師の方に親切丁寧に指導していただいたので理解することができました。

学校内では身に付けることができないことを教わることができました。

実践での経験が不足していたため、基礎的な知識が不確かな部分がありましたが、今回の研修でそれが明確になり、とても勉強になりました。

研修の様子

旋盤実習の様子

旋盤実習の様子

旋盤実習の様子

参考リンク

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

工業技能向上研修講座~電子回路Ⅰ(初級者向け)・Ⅱ(中級者向け)~

【神奈川工科大学連携講座】

期日

電子回路Ⅰ 8月27日 水曜日  9:00~16:30

電子回路Ⅱ 8月28日 木曜日  9:00~16:30

内容

8月27日 水曜日

講義・実習 「実用的な電子回路製作技術 -マイコンとその応用Ⅰ-」

「実用的な電子回路製作技術 -マイコンとその応用Ⅱ-」

8月28日 木曜日

講義・実習 「実用的な電子回路製作技術 -マイコンとその応用Ⅲ-」

「実用的な電子回路製作技術 -マイコンとその応用Ⅳ-」

神奈川工科大学教授 小室貴紀、准教授 工藤嗣友

目的 工業の授業において必要とされる技術(電子回路作成)の向上を目指します。 定員 20
会場 神奈川工科大学
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※政令・中核市教員を含みます。

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・神奈川工科大学電気電子情報工学科の小室貴紀教授と工藤嗣友准教授及び、「電子回路Ⅱ」では、日本のマイコンの第一人者である後閑哲也氏にご指導いただき、マイコンを用いた電子回路を実際に製作し、回路製作技術やマイコンの最新技術などについて学びました。

・生徒に指導する際のテクニックや学校での製作環境の構築まで配慮した熱心なご指導をいただき、学校での活用の際に参考となる実践的な内容でした。

受講者の感想

高校生にも興味関心を持ってもらえるような内容で、マイコンのイメージが簡単になりました。

工業高校向けの内容とのことでしたが、部活動、課外活動であれば中学生にも十分に適応できると感じました。

電子回路の初級ということだったので、具体的なはんだ付けなどが教われたのはよかったです。

新しい分野の学習を始める時のハードルを低くして十分に楽しいと思える気持ちを育成し、興味を持ち始めたところできちんとトレーニングするという方向性で講座が組み立てられていてよかったと思います。

この上なく充実した研修でした。今後この成果を教材にいかしていきます。

研修の様子

電子回路製作の様子

はんだ付けの様子

講義の様子

実習の様子

参考リンク

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る