神奈川県立総合教育センター

教育人材育成課

マネジメント研修班

 

○善行庁舎

〒251-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1689

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩8分

神奈川県立総合教育センター研修講座報告

○平成26年度 自己研鑽のための研修講座から

学校経営課題研修講座~現在の教育課題~

期日 8月6日 水曜日  13:00~16:30
内容

講義 「部活動指導をめぐる訴訟」

学校支援課

講義・演習 「保護者・地域への対応」

日本女子大学教授 坂田仰

目的 学校経営の改善・充実に向けて、管理職として学校の個別課題について理解を深めるとともに、それを解決する能力の向上を図ります。 定員 40
会場 善行庁舎
対象
中等

※校長、副校長、教頭

担当課

教育人材育成課

マネジメント研修班

(0466)81-1689

報告

・学校支援課の小井主幹による講義「部活動指導をめぐる訴訟」、日本女子大学の坂田教授による講義・演習「保護者・地域への対応」を行いました。

・具体的な判例、事例研究などにより、学校現場での適切な対応への理解が深まりました。

受講者の感想

現状に即し、分かりやすく、また職員にすぐに周知すべき内容もあり、大変有意義な講座でした。

インフォームド・コンセントを意識しながら、保護者・地域とともに子どもを育てていきたいです。

熱中症、落雷など、すぐにでも起こり得る内容の情報提供があり、大変助かりました。

このページの先頭に戻る

総括教諭マネジメント力向上研修講座1

期日 8月12日 火曜日  13:00~16:30
内容

講義 「学校組織マネジメント入門」

東京学芸大学教授 前原健二

目的 学校運営の中核を担う総括教諭に求められる学校組織マネジメントの考え方を理解し、課題解決力向上を図ります。 定員 40
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭

担当課

教育人材育成課

マネジメント研修班

(0466)81-1689

報告

・東京学芸大学の前原健二教授による講義・演習「学校組織マネジメント入門」を行いました。

・講義では学校組織マネジメントの基本を学び、演習では自身の役割を考えたりSWOT分析等の様々な手法について学んだりして、理解を深めることができました。

受講者の感想

とても整理された講義で分かりやすかったです。客観的に見る、分析する、数値化することが重要であると学ぶことができました。

具体的な指標となるデータの収集、活用が重要だと確認しました。「技法」を学ぶことが「自分本位」の「狭い」考え方や課題解決の失敗を除くというところが参考になりました。

研修の様子

講義の様子

演習の様子

このページの先頭に戻る

総括教諭マネジメント力向上研修講座2

期日 8月18日 月曜日  13:00~16:30
内容

講義・演習 「コーチングを学ぶ」

日本マクドナルド株式会社ハンバーガー大学講師

目的 学校運営の中核を担う総括教諭として必要なコミュニケーション力やコーチングのスキルを学びます。 定員 40
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭

担当課

教育人材育成課

マネジメント研修班

(0466)81-1689

報告

・日本マクドナルドハンバーガー大学の遠藤先生、飯澤先生を講師に迎え、「コーチングを学ぶ」を行いました。

・前半はアクティビティを通してリーダーシップの在り方について、後半はコーチングの基本的な考え方とその手法について学びました。

受講者の感想

後輩を育てていくのに重要なスキルだと思いました。

「相手に悪意がないことを前提に考える」は印象に残る一文でした。「自分の影を意識する」というお話は、「背中で伝える」ことと思い共感できました。

研修の様子

講義の様子

このページの先頭に戻る

総括教諭マネジメント力向上研修講座3

期日 8月20日 水曜日  13:00~16:30
内容

講義・演習 「授業のユニバーサルデザイン」

明星大学教授 小貫悟

目的 学校運営の中核を担う総括教諭として、現在の学校をとりまく教育課題について理解を深め、課題解決に向けて工夫・改善する力の向上を図ります。 定員 40
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭

担当課

教育人材育成課

マネジメント研修班

(0466)81-1689

報告

・明星大学教授の小貫悟教授による、講義・演習「授業のユニバーサルデザイン」を行いました。ユニバーサルデザインの視点をいかす授業づくりに関する考え方を学び、授業改善についてじっくりと考える機会を得ることができました。

受講者の感想

大変分かりやすい講義で、ユニバーサルデザインを念頭に置き、よく考え授業を実践していこうと思いました。

全ての生徒にとって分かりやすい授業、過ごしやすい環境をつくるには、「組織的な取組」が必要だと思いました。

研修の様子

講義の様子

このページの先頭に戻る