神奈川県立総合教育センター

教職キャリア課

 

○善行庁舎

〒251-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1974

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩12分

神奈川県立総合教育センター研修講座報告

○平成29年度 自己研鑽のための研修講座から

環境学習のための研修講座~ESDの視点をふまえた環境教育の実践~

期日 11月19日(日曜日) 9:00~16:30
内容

講義・実習 「なぎさの自然保全と体験学習」

なぎさの体験学習館 職員、所員

ワークショップ 「意思決定を促す教材開発の工夫」

麻布大学講師 福井智紀、所員

目的 環境教育の3つの視点(環境から学ぶ、環境について学ぶ、環境のために学ぶ)とESD(持続可能な開発のための教育)についての基本的な知識を身に付け、行動の変容を目指した環境学習教材の開発の方法について理解します。 定員 30
会場 なぎさの体験学習館
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※県立学校実習助手(理科)を含みます。

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

研修企画班

(0466)81-1694

報告

・湘南海岸の環境の現状と、なぎさの体験学習館の環境保全活動の取組について学びました。

・体験から学ぶ環境教育プログラムを実際に体験し、自然環境に触れることの大切さを学びました。

・地球温暖化について、シナリオワークショップという手法を用いた環境教育プログラムの開発方法について、実際にワークショップを体験し、その後シナリオ案作成を行うことで理解を深めました。

受講者の感想

生きものに実際に触れることで心に残り、大切にしようという思いが自然と芽生えるのでいいなと思った。

教科指導の中でESDを意識したことがなかったので、授業研究の視点として持っておきたいと思う。

教材開発をいろいろな校種の視点で見ることができたのはとても貴重な体験となった。

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る