神奈川県立総合教育センター

教職キャリア課

 

○善行庁舎

〒251-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1974

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩8分

神奈川県立総合教育センター研修講座報告

○平成26年度 自己研鑽のための研修講座から

環境学習のための研修講座~持続可能な社会づくりを目指した環境教育~

期日 11月15日 土曜日  9:00~16:30
内容

講義 「持続可能な社会づくりのための環境教育の開発方法」

麻布大学 生命・環境科学部講師 福井智紀

講義・実習 「海岸、海域の環境の現状と課題」

なぎさの体験学習館職員

講義・実習 「環境をテーマにした体験的な学習活動」

なぎさの体験学習館職員

目的 環境問題の現状について、ESD(持続可能な開発のための教育)の視野に立ち、専門的な立場からの講義や実習を通して理解を深め、神奈川における環境学習についての実践的指導力の向上を目指します。 定員 25
会場 なぎさの体験学習館
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※県立学校実習助手を含みます。

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア開発班

(0466)81-1974

報告

・麻布大学の福井智紀先生から、ESD(持続可能な開発のための教育)についての講義や学校における実践例の紹介を受けました。

・なぎさの体験学習館職員の案内で、なぎさの体験学習館「湘南体験ゾーン」の施設見学をしました。

・砂浜での実習、海の生物を用いた体験活動等を行い、その後、環境学習を授業に取り入れるアイディアを話し合いました。

受講者の感想

生き物の保全、海の保全について考える良いきっかけになりました。

子供たちを海岸の生き物に触れさせてあげたいと思いました。「持続可能な」というところをこどもたちに考えさせたいと思いました。

「持続可能な社会の発展」という視点に立った環境教育を理解できました。現場では、100年後に心地よいヒトを取り巻く環境のためにどう行動するのか、といった話し合いなどをやろうと思います。様々な体験学習のプログラムを紹介していただき、今後の参考になりました。学校で活用したいと思います。

環境教育の成り立ちの経緯がよく分かりました。IISEEDSは役に立ちそうな気がします。

研修の様子

福井先生の講義

なぎさの体験学習館職員の講義

砂浜での体験学習風景

目隠しで生物に触れる

参考リンク

このページの先頭に戻る