神奈川県立総合教育センター

教職キャリア課

 

○善行庁舎

〒252-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1974

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩8分

神奈川県立総合教育センター研修講座報告

○平成24年度 自己研鑽のための研修講座から

環境学習のための研修講座1~持続可能な社会づくりを目指した環境教育~

期日 8月27日 月曜日
9:00~16:30
内容

講義 「持続可能な社会づくりのための環境教育の開発方法」

東京都市大学准教授 佐藤真久

講義・実習 「環境とエネルギーをテーマにした体験的な学習活動」

桜美林大学教授 坪田幸政

目的 環境問題の現状について、ESD(持続可能な開発のための教育)の視野に立ち、最新のデータに基づいた専門的な立場からの講義や実習を通して理解を深め、環境学習についての実践的指導力の向上を目指します。 定員 24
会場 桜美林大学
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※県立学校実習助手を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア開発班

(0466)81-1974

報告

・環境問題の現状について最新の資料から報告いただき、ESDの視点に立った環境教育について理解を深めました。

・再生可能エネルギーをテーマに、発電の仕組みやエネルギーの変換についての実習を行いました。

受講者の感想

生活していく上でのちょっとしたヒントをいただければ・・・と軽い気持ちでいましたが、授業でのヒントがいっぱいでした。

教科の枠にとらわれず、環境教育を行っていく難しさを感じた。知らないことを知る機会を得ることができてよかった。

研修の様子

佐藤先生の講義

風力発電の実習

燃料電池の実習

このページの先頭に戻る

環境学習のための研修講座2~丹沢の自然と人の関わりから生態系を学ぶ~

期日 11月17日 土曜日
9:30~16:00
内容

講義・実習 「丹沢の自然の現状と課題」

講義・実習 「丹沢の自然環境の保全と再生の取組み」

NPO法人丹沢自然保護協会理事長 中村道也、県立自然環境保全センター職員

目的 神奈川の自然の現地実習を通して、環境保全活動における行政や市民の取組みを知り、地域の自然を活用した環境教育の実践のための指導力の向上を図ります。 定員 20
会場 県立札掛森の家
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※県立学校実習助手を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア開発班

(0466)81-1974

報告

・NPO法人丹沢自然保護協会の中村道也理事長と自然環境保全センターの本間範男課長を講師に迎え、民間の自然保護団体と行政それぞれの立場から、丹沢の自然再生の現状について現地で観察をしながら講義していただきました。

受講者の感想

専門の方からとても丁寧に話をしていただき、勉強になりました。

自然界のつながりや、そこに住む生き物に対する見方が深まりました。

倒れた木も動物の住みかになるという話は、とても驚きました。

民間団体と行政、企業などが協力して身近な自然、水などを守っているということをあらためて知りました。

研修の様子

現地でのフィールドワークの様子1

現地でのフィールドワークの様子2

県立札掛森の家での講義の様子

参考リンク

このページの先頭に戻る