神奈川県立総合教育センター

教育人材育成課

 

○善行庁舎

〒251-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1689

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩12分

神奈川県立総合教育センター研修講座報告

○平成29年度 自己研鑽のための研修講座から

情報モラルと情報セキュリティ研修講座

【神奈川工科大学連携講座】

期日 8月1日(火曜日) 9:00~16:30
内容

講義・演習「ネットワークコミュニケーションにおける情報モラル」

神奈川工科大学教授 三浦直子

講義・演習「情報セキュリティ」

神奈川工科大学准教授 岡本剛

目的 ネットワーク社会の現状や、情報端末のセキュリティ対策についての新技術の研修を通じて、情報モラルと情報セキュリティに対する認識を深め、ネットワークの利用や情報管理に関する事故防止に役立てます。 定員 40
会場 神奈川工科大学
対象
中等

※私立高校教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア開発班

(0466)81-1974

報告

・講義において、児童・生徒を取り巻く最新の情報を基に、「ネットワークコミュニケーションにおける情報モラル」についての考え方や学習の重要性について学び、理解を深めました。

・情報セキュリティの考え方から具体的な情報漏洩対策や脆弱性の発見・修正まで、最新の情報セキュリティ対策について、講義と演習を通して理解を深めました。

・コンピューターウイルスに感染する過程を疑似体験し、感染に対する防衛策と最新の情報について理解を深めました。

・安全なパスワードの設定の仕方について実習を通して学びました。

受講者の感想

ネット社会における課題や問題について具体的で分かりやすくお話をしていただき、理解を深めることができた。

情報モラルとリテラシーについて、単純なマナーやモラルの問題だけでなく、これから必要とされる能力について学ぶことができた。

情報漏洩の件数や人数を数値化して知ることで、しっかりと対策することが学校で働く者として重要だと感じた。難しいものも多かったがとても為になるものだった。

情報セキュリティについて深く学べた。自分自身、「分かった気でいた」から「分かった」に変われた。情報モラルについては、状況の変化に応じて生徒と一緒に考えていくことが大切であると再確認できた。情報セキュリティについて、あまり意識をしてこなかったので、見直すよい機会となった。

参考リンク

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

グローバル人材の育成研修講座~未来を切り開いていく力の育成~

期日 8月4日(金曜日) 13:30~16:30
内容

実践報告 「スーパーグローバルハイスクールの取組」

県立横浜国際高等学校 管理職

講義・演習 「グローバル時代の教育、その基本的考え方と実践方法」


目白大学名誉教授 多田孝志

目的 グローバル時代に求められる人材の育成に関する講義・演習や、グローバル・リーダーの育成を目指すスーパーグローバルハイスクール(SGH)の実践報告を通して、グローバル人材の育成についての理解を深めます。 定員 30
会場 善行庁舎
対象
中等

※政令・中核市教員を含みます。

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・SGH指定校である横浜国際高等学校の実践報告(SGHの目的、3年間のSGHの活動、海外スタディツアー等の紹介)を通してグローバル人材の育成について学びました。

・講義では、グローバル人材に必要とされる課題解決力を高める指導力等について、実践事例が示されたり、受講者同士での共有時間が設けられたりしており、学びを深めることができました。

受講者の感想

グローバル人材とは、生き方そのものを表しているように感じた。ボランティアや職業体験などで「自分は社会の中で生きていく価値がある」という充実感を得られると感じた。身近な所から取り組んでいきたい。

このテーマを探求するにあたっても多面的なアプローチが必要だと分かった。正解をすぐに求めようとするのではなく、考えを深めることが大切だと思った。

研修の様子

実践報告の様子

講義の様子

演習の様子①

演習の様子②

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

豊かな人間関係づくり研修講座

期日 8月9日(水曜日) 13:30~16:30
内容

講義・演習 「児童・生徒が育ち合う人間関係づくり」

東京福祉大学教授 田上不二夫

目的 児童・生徒の豊かな人間関係を構築するための指導について理解を深め、実践力の向上を図ります。 定員 40
会場 善行庁舎
対象
中等

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・講義では、児童・生徒が学校に来る理由について考え、豊かな人間関係育成の大切さを学びました。

・演習では、豊かな人間関係育成のための対人関係クイズを行いました。いろいろな校種やクラスの状況を見据えた演習で参考になる内容でした。

受講者の感想

今までの実践では「子ども同士の関係性」を良いものにしていくことが十分にできていなかったので、とても勉強になった。

今日の講座で対人関係ゲームは友達づくりのためのものではないということが分かった。学級でできるゲームにも様々な種類、そして意味があると知ることができた。子どもの実態に合わせた対人関係ゲームを選択し、実践していきたい。

教員同士のチームワークについても生かせそうだと思った。演習で実際に活動することで、チームで協力することの大切さや人との関わり方について確認できた。クラスでも行いたい。

研修の様子

演習の様子

話し合い活動

講義の様子

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

日本語指導研修講座

期日 8月9日(水曜日) 13:00~16:30
内容

講義・演習 「外国につながりのある児童・生徒に対する日本語指導の現状と課題」

横浜国立大学教授 橋本ゆかり

実践報告 「外国につながりのある児童・生徒に対する日本語指導」

県立学校教員

目的 外国につながりがあり、日本語指導を必要としている児童・生徒が直面する課題に対する理解を深め、指導力の向上につなげます。 定員 30
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭、教諭、養護教諭、実習助手

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア開発班

(0466)81-1974

報告

・外国につながりのある児童・生徒が抱えている諸課題について、理解を深めるとともに、「母語」の重要性と、日本語指導の在り方について学びました。

・どの子にも分かりやすいリライト教材を作成しました。

・外国につながりのある児童・生徒に対する日本語指導の実際について、実践校における取組の報告を通して理解を深めました。

・実際に授業で使える資料が豊富にあり、その資料を用いた模擬授業を体験することができました。

受講者の感想

理論から実践報告まで、大変興味深く勉強になった。今後も同様の内容で継続していただけると勉強になる。

外国につながりのある生徒以外に、学習に困難を感じている生徒にも応用できると思った。

神奈川県の日本語教育の現状がとてもよく分かった。またこの問題についての解決へのヒントをいただいたと思っている。資料や教材もとても参考になった。リライトの実践もとても興味深かった。

日本語教育だけでなく、普段の授業でも実践してみようと思った。

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

手話講座~手話に親しむ~

期日 8月10日(木曜日) 13:30~16:30
内容

講義・演習 「聴覚障害の理解」

神奈川県聴覚障害者福祉センター 職員

講義・演習 「聴覚障害教育の実践」

県立平塚ろう学校 教員

目的 神奈川県手話言語条例をうけ、手話等も含めた聴覚障害の現状を理解し、さらに、学校現場での聴覚障害児童・生徒等への配慮・支援の実際を知ることで、よりよい支援のあり方について学びます。 定員 30
会場 善行庁舎
対象
中等

※政令・中核市教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・前半の講義・演習では、聴覚障害の理解についての学びました。また、自分の名前の表現の仕方など、簡単な手話を学びました。

・後半の講義では、聴覚障害のある子ども個々に応じた指導・支援について学びました。

受講者の感想

聴覚障害者の方の立場からの話や、ろう学校での授業・活動の様子等が分かり、とても楽しく学ぶことができた。

少しの気付きがどんなに大切かよく分かった。聴覚障害のあるなしに関わらず、とても勉強になった。

聞こえない・見えないなど、頭では理解していたつもりでも、現場での実践の話を聞くことで、気付いたことが多くあった。

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

国際教育研修講座

期日 8月21日(月曜日) 13:30~16:30
内容

実践報告 「国際教育の授業実践」

県立高等学校教員

講義・演習 「国際教育の理念とその実践に向けての方策」

JICA職員

目的 講義・演習を通して、国際教育の現状及び取組についての理解を深めます。 定員 30
会場 JICA横浜
対象
中等

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア開発班

(0466)81-1974

報告

・講義では、開発途上国の現状とJICAの取組について学びました。

・実践報告では、授業においてタンザニアの写真を見て、生徒が自分の意見を述べる授業等について報告がありました。

・演習では、「豊かさと開発」「レヌカの学び」というワークを行いました。異文化を知ることでお互いの考えを深め合ったり、「思い込み」や「偏見」に気付いたりすることに気付きました。

受講者の感想

教材も大切ですが、それを深い学びにつなげるためにどう扱うかが大切だと感じた。

教科書の中で途上国の環境問題や教育問題等を扱うこともあるので、教科書に入る前にそれらの国に関する状況を紹介したい。

広い視野を持って「国際理解」「国際教育」に関する授業展開ができればよいと思う。

研修の様子

ワークショップの様子

参考リンク

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る