神奈川県立総合教育センター

教育人材育成課

 

○善行庁舎

〒251-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1689

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩8分

神奈川県立総合教育センター研修講座報告

○平成27年度 自己研鑽のための研修講座から

国際教育研修講座

期日 7月27日(月曜日) 13:30~16:30
内容

講義・演習「国際教育の理念とその実践に向けての方策」

JICA職員

目的 講義・演習を通し、国際教育の現状及び取組についての理解を深めます。 定員 30
会場 JICA横浜
対象
中等

※総括教諭、教諭、養護教諭、実習助手

※私立高校教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・「国際教育の理念とその実践的方策」と題し、国際教育の課題について意見を交換しました。

・青年海外協力隊等での経験を学校での授業にどのように生かしたのか、実践報告を通して学びました。

・ワークショップ型で体験し、その教材から見取る「教育目標」や「教育方法」の特徴を学びました。

受講者の感想

教師は子ども達と世界をつなぐ『窓』というメッセージがとても心に強く残りました。自分達が実際に海外派遣で経験したことや現地の子ども達の様子を率直に話すことで子ども達が興味を持ち、話す側も聞く側も理解が深まることを実感できました。

これまで国際教育やJICAの取り組みについて、ほとんど知る機会がなく、本日の講座はとても良かったです。

研修後半のワークショップを体験して感じたことですが、文化の違いを自分で気付くことができ、感動を覚えました。教室でもこのようなワークショップを通して子ども達にも考えさせながら「国際理解や協力」を進めることができると思いました。

研修の様子

実践報告の様子

ワークショップの様子

参考リンク

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

情報モラルと情報セキュリティ研修講座

【神奈川工科大学連携講座】

期日 8月4日(火曜日) 9:00~16:30
内容

講義・演習「ネットワークコミュニケーションにおける情報モラル」

神奈川工科大学准教授 三浦直子

講義・演習「情報セキュリティ」

神奈川工科大学准教授 岡本剛

目的 ネットワーク社会の現状や、情報端末のセキュリティ対策についての新技術の研修を通じて、情報モラルと情報セキュリティに対する認識を深め、ネットワークの利用や情報管理に関する事故防止に役立てます。 定員 40
会場 神奈川工科大学
対象
中等

※総括教諭、教諭、養護教諭、実習助手

※私立高校教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

研修企画班

(0466)81-1694

報告

・児童生徒を取り巻く最新の情報を基に、「ネットワークコミュニケーションにおける情報モラル」についての考え方、並びに学習の重要性について、分かりやすく講義していただき理解を深めました。

・情報セキュリティの考え方から具体的な情報漏洩対策や脆弱性の発見・修正まで、最新の情報セキュリティ対策について、講義と演習を通して理解を深めました。

受講者の感想

ネットワーク社会について、現状を社会学的視点でお話しいただいて大変参考になった。新聞記事や統計等様々な資料があり、興味深く話が聞けた。

気軽に個人情報をインターネット上にアップロードする行為が生徒にとって当たり前になっている現状を改善するための講義として、考えさせられる内容だった。

専門的な知識と演習が体験でき、セキュリティの理解が深まったと感じた。

パスワードの安全性や暗号化の仕方、データの消去について、演習を通して知識を身に付けることができた。

参考リンク

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

豊かな人間関係づくり研修講座

期日 8月5日(水曜日) 13:30~16:30
内容

講義・演習「児童・生徒が育ち合う人間関係づくり」

東京福祉大学教授 田上不二夫

目的 児童・生徒の豊かな人間関係を構築するための指導についての理解を深め、実践力の向上を図ります。 定員 40
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭、教諭、養護教諭、実習助手

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア開発班

(0466)81-1974

報告

・児童・生徒の豊かな人間関係づくりのための、対人関係ゲームの理論と実践について、東京福祉大学の田上不二夫教授より学びました。

受講者の感想

実際に対人関係ゲームを体験することで「わくわく感」を味わうことができました。担当する生徒に合うかどうか考えながら受講できました。

実際に身体を動かすので、理解しやすく前向きに取り組むことができました。

具体的なゲームの実践があり実際の授業に活かせると思いました。

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

日本語指導法研修講座

期日 8月20日(木曜日) 9:30~16:30
内容

講義「外国につながりのある児童・生徒に対する日本語指導の現状と課題」

県立国際言語文化アカデミア講師 梅田玲子

実践報告「外国につながりのある児童・生徒に対する日本語指導Ⅰ」

公立小学校教員

演習「外国につながりのある児童・生徒に対する日本語指導Ⅱ」

所員

目的 外国につながりがあり、日本語指導を必要としている児童・生徒が直面する課題に対する理解を深め、指導力の向上につなげます。 定員 30
会場 県立国際言語文化アカデミア
対象
中等

※総括教諭、教諭、養護教諭、実習助手

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

研修企画班

(0466)81-1694

報告

・外国につながりのある児童・生徒が抱えている諸課題について、国際言語文化アカデミア梅田玲子講師による講義を通して理解を深めるとともに、日本語指導の在り方について学びました。

・外国につながりのある児童・生徒に対する日本語指導の実際について、実践校における具体的な取り組みの報告を通して理解を深めました。

・実践力の向上を図るための演習として、指導教材の作成に取り組み、日本語指導について理解を深めました。

受講者の感想

データでわかりやすく、現状が理解できました。長年日本に住んでいても学習が苦手な生徒がなぜ多いのか、どう対策する必要があるのかを考えるきっかけになりました。

具体的な授業例があって参考になりました。外国語の算数の問題で、生徒の立場に立つことの大切さを実感しました。

実際に取り組んでみることで、リライト教材の作成の難しさを実感できました。対象の見立てをしっかりすることの大切さを学びました。

参考リンク

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

グローバル人材育成のための研修講座

期日 8月20日(木曜日) 13:30~16:30
内容

講義・演習「課題解決力を高めるプロジェクト学習と対話コーチング」

シンクタンク未来教育ビジョン代表 鈴木敏恵

実践報告 「スーパーグローバルハイスクールの取組」

横浜国際高等学校副校長 桜田京子

目的 プロジェクト学習や対話コーチングによる課題解決力の育成を目指す講義・演習や、グローバル・リーダーの育成を目指すスーパーグローバルハイスクール(SGH)の実践報告を通して、グローバル人材育成についての理解を深めます。 定員 40
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※政令・中核市教員を含みます。

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・講師として、シンクタンク未来教育ビジョン代表の鈴木敏恵氏を迎え、プロジェクト学習や対話コーチングを通してグローバル人材に必要な課題解決力を高める指導力について学びました。

・SGH指定校の実践報告を通して、グローバル人材についての理解を深めることができました。

受講者の感想

プロジェクト学習、ポートフォリオ評価の大切さを知ることができました。自身の研究の方法にもいかしていきたいです。

日本から世界のリーダーとなる人が育つことを視野に入れて、子どもたちの学習を工夫していきたいと感じました。

知識を活用する力を身に付けさせる方法が理解できました。

ポートフォリオは生徒だけではなく、自分を向上させるためにも良いと思いました。

研修の様子

演習の様子

講義の様子

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る