神奈川県立総合教育センター

教職キャリア課

 

○善行庁舎

〒251-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1974

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩8分

神奈川県立総合教育センター研修講座報告

○平成27年度 自己研鑽のための研修講座から

「確かな学力をはぐくむ教科指導研修講座3 小学校図画工作」(小学校のページ)

図画工作・美術・工芸の授業づくり研修講座

期日 7月31日(金曜日) 13:00~16:30
内容

講義・演習「美術館ツアー」「美術館を活用した鑑賞の指導」

神奈川県立近代美術館学芸員、公立小学校管理職

目的 美術館を活用した鑑賞の学習を通して、美術文化への理解を深め、鑑賞の指導力の向上を図ります。 定員 20
会場 神奈川県立近代美術館(鎌倉館)
対象
中等

※図画工作・美術・工芸担当教員

※私立高校教員を含みます。

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・昨年度に引き続き、「本物に触れる鑑賞」を通して児童・生徒の興味関心をひき、「協議」により主体的な鑑賞を促すという「新しい価値の生成」に向けた授業づくりを目指すものとして実施しています。

・美術館連携を柱とした鑑賞教育につながる研修講座として「鑑賞」、「グループ協議・発表」、「学芸員による講義」のプログラムで実施しました。開催中の「鎌倉からはじまった。PARTⅡ」の見学だけではなく、今年度をもって閉館する鎌倉館の建築物としての魅力を含めて丸ごと味わうコンセプトで鑑賞しました。

・神奈川県立近代美術館からは開催中の展覧会リーフレットをはじめ、鑑賞に関する多くの資料を提供していただきました。

受講者の感想

美術館の建物がどういうねらいで設計されたのか、作品と鑑賞する人をつなぐための工夫を知ることができ、とても充実した内容でした。

自画像は倦厭していた分野だったので、自画像の鑑賞の仕方や描き方等を知ることができてよかったです。

鑑賞の指導方法に悩んでいましたが、今日学んだ方法で試してみたいと思います。

研修の様子

美術館外観の鑑賞

美術館内の鑑賞

協議の様子

講義の様子

参考リンク

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

発達段階に応じた焼き物造形の授業づくり研修講座

期日 8月17日(月曜日) 9:00~12:00
内容

講義・実習「発達段階に応じた焼き物の指導」

元公立小学校長 神田寛、所員

目的 焼き物造形の学習を通して、発達段階に応じた学力の育成を目指し、実践的指導力の向上を図ります。 定員 18
会場 善行庁舎
対象
中等

※図画工作・美術・工芸担当教員

※私立高校教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・「焼き物造形」の講義の後、受講者全員が2種類以上の作品を制作しました。最初は「たまづくり」の基礎技法に取り組み、乾燥を待つ時間に、2作目に取り掛かります。指人形や「たたらづくり」によるお面、動物、抽象造形等から担当学年の発達段階に合わせて選択して制作しました。その後、茶碗の底削りをし、高台を作って完成となりました。

・3時間というタイトなスケジュールでしたが、受講者は皆、熱心に集中した様子で制作していました。

・出来上がった作品は、授業の中で活用できるよう、当センターにて素焼き・本焼き後、12月以降に返却する予定です。

受講者の感想

改めて美術(図工)の指導のねらいを学ぶことができました。普段忘れがちな指導要領の内容を再確認し、今後の指導も意識して授業計画を立てようと思いました。

丁寧な説明で、とても分かりやすく、また、楽しめました。それぞれの児童・生徒の実態を考慮してくださったので指導の場で生かせそうです。

発達段階に適した作品例が多く紹介され、今後、授業を考える上でとても参考になりました。

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る