神奈川県立総合教育センター

教職キャリア課

 

○善行庁舎

〒252-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1974

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩8分

神奈川県立総合教育センター研修講座報告

○平成24年度 自己研鑽のための研修講座から

確かな学力をはぐくむ教科指導研修講座7 小学校図画工作

期日 7月31日 火曜日
9:00~16:30
内容

講義・実習 「確かな学力をはぐくむ図画工作(水彩画)の指導」

所員

講義・実習 「確かな学力をはぐくむ図画工作(ものづくり)の指導」

中央技能検定員(神奈川県卓越技能者) 生出直作、所員

目的 小学校図画工作科における子ども一人ひとりの確かな学力の育成を目指した指導の在り方について理解を深め、実践的指導力の向上を図ります。 定員 20
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・学習指導要領の理解を深めるための講義を行いました。

・水彩画の基本とモダンテクニックについての講義を行い、モダンテクニック一覧と、マーブリングブックマークを制作しました。

・建築大工の方々を講師に招き、木材加工に関するインタビューを行いました。

・建築大工の方々に、各班に一人ずつ、ついていただき、ケミカルウッドと木材(集成材)を使用した小箱づくりの実習を行いました。

受講者の感想

水彩のやり方をたくさん教えていただいたことは、必ずクラスに返していきたいと思います。

前半は誰にでもできる実践で良かったと思います。後半は、めったにお話できる機会のない大工さんに教えていただきながら、匠の技を見せていただき、勉強になりました。

実際にいろいろなモダンテクニックやものづくりの活動を通して、子どもにとって難しい活動等を実感することができました。指導を丁寧に行わなければと思いました。何より楽しかったです。

研修の様子

モダンテクニックの実習

モダンテクニック一覧(完成作品)

ものづくりの実習

小物入れ(完成作品)

参考

平成22年度長期研究員 小学校図画工作研究資料 [PDF 389KB]

このページの先頭に戻る

陶芸指導研修講座(基礎)

期日 8月6日 月曜日
9:00~12:00
内容

講義・実習 「陶芸の制作過程と指導方法」

県立高等学校教員、所員

目的 陶芸の制作過程の講義及び実習を通して、図画工作・美術・工芸における「土」を使った基礎的な表現活動の指導力向上を図ります。 定員 20
会場 善行庁舎
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※横須賀市教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・県立白山高等学校の竹田教諭より、陶芸の制作過程と指導方法について、講義していただき、手びねりによる茶碗と、たたらによるカップを制作しました。

・電子レンジを使用して乾燥を早めることで、高台づくりにも挑戦することができました。

受講者の感想

竹田先生の陶芸への熱い想いが伝わり、改めて「教える」ということの素晴らしさを実感しました。今までで一番楽しい研修です。焼き上がりを楽しみにしています。準備等、いろいろ本当にありがとうございました。

素材に直接触れての作業は、大人でものめり込む魅力があったので、子ども達にも是非やってあげたいと思いました。

研修の様子

手びねりによる茶碗の断面

竹田教諭による実演

電子レンジで乾燥

高台を作る受講者

このページの先頭に戻る

実践的授業力向上研修講座~新学習指導要領が目指すもの~〔美術〕

期日 8月23日 木曜日
13:30~16:30
内容

講義 「美術館ツアー・美術館の機能と役割」

平塚市美術館学芸員

講義 「新学習指導要領を踏まえた鑑賞の指導」

公立小学校管理職

講義演習 「美術館を活用した鑑賞の指導」

平塚市美術館学芸員、所員

目的 美術館と連携した鑑賞の学習を通して、新学習指導要領のねらいを踏まえた実践的授業力の向上を図ります。 定員 25
会場 平塚市美術館
対象
中等

※総括教諭及び教諭

※美術担当教員

※横須賀市教員を含みます。

※私立高校教員を含みます。

担当課

教職キャリア課

キャリア推進班

(0466)81-1635

報告

・安部学芸員に、平塚市美術館の裏側を案内していただきながら、「美術館の機能と役割」についての講義を行いました。

・茅ヶ崎市立小和田小学校小野教頭による「新学習指導要領を踏まえた鑑賞の指導」の講義を行いました。

・「上村松園と鏑木清方展」を、「美人画コンテスト」というテーマで鑑賞しました。また、展示責任者によるギャラリートークも行いました。

受講者の感想

迷いを感じていた鑑賞の学習について、新学習指導要領を踏まえてお話をいただき良かった。方向が見えた。鑑賞の美人コンテストも考えたことのない切り口でとても参考になった。

鑑賞も創造行為だということを改めて考えた。今後何らかの形で生かしたい。

おもしろかったです。美術館を活用したいなと思いました。鑑賞の「テーマ」を決めるだけで、美術館がより楽しくなることを改めて理解しました。

研修の様子

安部学芸員による指導

新学習指導要領の講義

「美人画コンテスト」というテーマで鑑賞

ギャラリートーク

参考リンク

このページの先頭に戻る