神奈川県立総合教育センター Flashアニメーションを活用した教材作成講座

衝突を判定するアニメーションを作ろう
 
見本
ボールをドラッグしてみて下さい。
 
作り方
  1. 「ファイル」〜「新規」をクリックします。
  2. ステージのサイズを設定します(見本は「250×300」)。
  3. 「挿入」〜「新規シンボル」〜「タイプ:ムービークリップ」を選択し、次のようなシンボルを作ります。
  4. 「シンボル編集モード」から「シーン編集モード」に移動します。
  5. ステージには「シンボル1」の「インスタンス」を2つ置きます。
  6. それぞれのインスタンスの「プロパティ」パネルで「インスタンス名」を半角英数字で付けます。
  7. インスタンスの「ball2」のアクションパネルを開き、次のようなスクリプトを入力します。
    on (press) {
    startDrag("", true);
    this._alpha = 50;
    }
    on (release) {
    stopDrag();
    this._alpha = 100;
    if (this.hitTest(this._parent.ball1) == true) {
    this._x = this._parent.ball1._x;
    this._y = this._parent.ball1._y;
    }
    }
    1行目 ボタンを押したら
    2行目 ドラッグを可能にし、
    3行目 アルファを50にする
    4行目
    5行目 ボタンを離したら
    6行目 ドラッグをやめ
    7行目 アルファを100にする
    8行目 もし、ボール1と重なっていたら
    9行目 x座標はボール1と同じにし
    10行目 y座標はボール1と同じにせよ
     
       
  8. 「ファイル」〜「パブリッシュプレビュー」〜「HTML」で確認。
    (右のボールだけドラッグできます。)
  9. 同様な手順で2つのボールがドラッグできるようになります。
 
教材としての活用例

神奈川県立総合教育センター Flashアニメーションを活用した教材作成講座