生徒の自己理解を促す 共感的な対話

教育相談センター

神奈川県立総合教育センター

亀井野庁舎

 

〒252-0813

藤沢市亀井野2547-4

TEL:(0466)81-8521

FAX:(0466)83-4500

アクセス 

小田急江ノ島線六会日大前駅から徒歩13分

※クリックすると拡大します。

  •  平成23、24年度の調査・研究「コミュニケーション能力をはぐくむための高等学校における支援に関する研究」において、教員が生徒と継続的に対話を行うなかから生まれた「対話のポイント」をまとめた教員向けのヒント集です。
  •  携帯して活用しやすいよう、A5判のコンパクトサイズで作りました。
  •  本冊子では、日常的な何気ない会話から自己に向き合う深い対話まで、学校生活の様々な場面において教員が生徒と「共感的な対話」を行うことを、具体的な対話のポイントを示しながら提案しています。

  •  第1段階「対話の土台づくり」、第2段階「発達援助的なかかわり」と段階を踏みながら対話を深められるよう構成しており、「見てわかる」「すぐに読める」冊子となるようポイントを精選し、研究の中で蓄積された対話例や応答例、問いかけ例を数多く盛り込みました。
  •  教育相談コーディネーターはもとより、ファーストキャリアの教員等、校内において広く活用していただけるよう、基本事項を押さえた内容になっています。

(平成26年3月 追加掲載)

 冊子を紹介するためのリーフレットを作成しました。ご活用ください。

PDFファイルダウンロード

 

 冊子の目次より

「自己理解を促す 共感的な対話」に寄せて

対話によるかかわり

- 生徒と対話しよう!

- 段階別のねらい

共感的な対話とは

第1段階 <対話の土台づくり>

- ねらい

- 対話のポイント

第2段階 <発達援助的なかかわり>

- ねらい

- 対話のポイント

タイプ別の配慮

おわりに

 

 

お問い合わせ:教育相談課

電話 (0466)81-8521 [直通]