神奈川県立総合教育センター

企画広報課

 

○善行庁舎

〒251-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1759

 総合教育センターにおける調査研究及び長期研修講座における長期研究員の研究の成果を、県内の教育関係者及び県民に広く紹介し、各学校の教育内容のさらなる充実と教職員の指導力の向上に資することを目的に、研究発表大会を開催しました。

 

【日時】 平成29年3月2日(木曜日) 9:00~16:30  受付 8:30~

平成29年3月3日(金曜日) 10:30~16:30

平成28年度研究発表大会は終了しました。

参加していただいた皆様、ありがとうございました。

【会場】 神奈川県立総合教育センター善行庁舎

藤沢市善行7-1-1(小田急江ノ島線 善行駅徒歩12分)

会場までの行き方はこちら →

【プログラム】 ※大会プログラムの詳細はこちらからダウンロードできます(PDFファイル)。

・2月24日修正版;発表タイトルの一部を修正しました。

         ※ 開会式を9:00~9:15に行います。

■ 第1分科会

発表1(総合教育センター指導主事)

学校組織マネジメントに関する研究(小・中・高・特)

発表2(総合教育センター指導主事)

育成すべき資質・能力を育む学びの在り方に関する研究〔中間報告〕

-「深い学び」を実現する学習過程に着目した高等学校における授業実践-(高)

発表3(総合教育センター長期研究員)

「深い学び」を実現する指導と評価の在り方

-数学的な見方・考え方を働かせる学習過程を通して-(高)

発表4(体育センター長期研究員)

空いた場所をめぐる攻防ができる球技:ネット型バドミントンの授業

-オーバーヘッドストロークの投動作プログラムによる学習を通して-(高)

■ 第2分科会

発表1(総合教育センター指導主事)

いじめ対策に係る調査研究(中)

発表2(総合教育センター長期研究員)

いじめを未然に防止する学校組織づくり

-「支持的風土づくり」の視点を活用した校内研修の考察-(中)

発表3(体育センター長期研究員)

シュートをする機会が増える球技:ゴール型ハンドボールの授業

-シュートにつながるステップの段階的な学習を通して-(中)

発表4(総合教育センター長期研究員)

感性を高め合う音楽の授業づくり

-言葉で伝え合う活動を通して、音楽全体のよさや美しさを味わう鑑賞の授業-(中)

■ 第3分科会

発表1(総合教育センター指導主事)

英語教育の充実に関する研究(小)

発表2(教職大学院派遣教員)

学校図書館を利用した授業の年間計画

-「学校図書館を利用した授業の年間計画」の作成と司書教諭の役割を中心に-(小)

発表3(総合教育センター長期研究員)

「チームとしての学校」に向けた組織的な支援の手立てに関する研究

-養護教諭による情報発信と連携の工夫を通して-(小)

発表4(総合教育センター長期研究員)

数学を学ぶ意欲を高めるための指導の充実を目指して

-生徒に身近な題材を用いた関数領域の授業実践を通して-(中)

講演題「今すぐ出来るアクティブ・ラーニング」

上越教育大学教職大学院 教授 西川 純 氏

■ 第1分科会

発表1(総合教育センター指導主事)

教育の情報化の推進状況に関する調査研究(高)

発表2(総合教育センター長期研究員)

政治参加意識を育むためのシチズンシップ教育

-『私たちが拓く日本の未来』を活用した授業実践を通して-(高)

 

発表3(総合教育センター長期研究員)

自己の将来像を見据えて継続して英語を学ぶ態度を育てる授業づくり

-英語の活用場面を考えさせる活動を通して-(高)

発表4(総合教育センター長期研究員)

学ぶことの意義を実感できる化学の授業を目指して

-科学的な見方や考え方を育む授業づくり-(高)

発表5(総合教育センター長期研究員)

「生活にいかす力」を育てる家庭科の授業づくり

-問題解決的な視点から生活につながる学習活動を通して-(高)

■ 第2分科会

発表1(県内学校教員)

インクルーシブ教育推進に向けた横浜国立大学教育人間科学部附属特別支援

学校の新たな取組(特)

発表2(教職大学院派遣教員)

これからの特別支援学校センター的機能の在り方に関する一考察(特)

発表3(総合教育センター長期研究員)

特別支援学校におけるアセスメントの有機的な活用に関する研究

-行動観察の観点整理を通して-(特)

発表4(総合教育センター指導担当主事)

的確な実態把握に基づく指導・支援の在り方に関する研究〔中間報告〕

-学校でのアセスメントの効果的な活用方法の検討を通して-(特)

発表5(体育センター長期研究員)

仲間と共に活動できるゲームにつながる球技:ターゲット型フライングディスクの

授業

-運動種目の特性に触れる教材のユニバーサルデザイン化を通して-(特)

■ 第3分科会

発表1(総合教育センター指導主事)

道徳教育の充実に関する研究(小・中)

発表2(総合教育センター長期研究員)

物事を多面的・多角的に考え、自己の生き方について考えを深める道徳学習の

在り方

-郷土を愛する心を育む道徳学習を通して-(小)

発表3(体育センター長期研究員)

「できる」喜びを味わうことができるマット運動

-児童の内面に「やってみたい」「できそう」を生み出す授業の工夫-(小)

発表4(教職大学院派遣教員)

生徒たちの「学び合い・教え合い活動」を大切にした器械運動の指導の在り方(中)

 

 

【お問い合せ】 企画広報課 (0466)81-1759

このページの先頭に戻る