平成29年度

自己研鑽のための研修講座

講座名

平成29年度横浜国立大学教育学部附属特別支援学校 公開研究協議会
「特別支援学校(知的障害)における「社会に開かれた教育課程」に向けて
~自立と社会参加を図る授業づくりをもとに~」

期日 12月9日(土曜日) 9:30~16:55
会場 横浜国立大学教育学部附属特別支援学校(横浜市南区大岡2-31-3) 定員 80
内容

1.公開授業

  新学習指導要領に示された「社会に開かれた教育課程」の実現に向けて、自立と社会参加を図る視点で実践した授業を公開します(小学部、中学部、高等部)。


2.全体会(研究発表会)

  研究主題に関する学校としての取り組み、今後の方向性などを紹介します。


3.ポスター発表(課題研究発表)
 ※昼食休憩時間に実施

  研究主題以外の課題などについて、職員が自主的に取り組んでいる研究活動とその内容を、ポスター発表形式で紹介します(担当職員がいる場合は、情報交換を行うことができます)。


4.分科会(授業協議会)

  地域・外部資源を活用した授業実践を通して、子どもの学び、教育内容・方法等について研究協議(情報共有・意見交換)を行う予定です。学部毎に、分科会に分かれて実施します。


5.インクルーシブ教育推進研修会

  横浜国立大学教育学部特別支援教育講座と連携し、講座の先生方による最新の研究動向や具体的事例をふまえた研修会です。


(1) インクルーシブ教育推進研修会①

A 聴覚障害から聴覚過敏、聴覚の不思議

教育学部教授 中川辰雄

B 愛着(アタッチメント)とは

教育学部教授 泉真由子

C 子どもの実態把握における神経科学の応用-対話の手がかり-

教育学部准教授 軍司敦子

(2) インクルーシブ教育推進研修会②

D 学習障害の読み書き支援について

教育学部講師 後藤隆章

E 問題行動!クラスワイドな支援から個別支援へ

教育学部教授 関戸英紀

F 運動に困難さがある子どもの理解と対応

教育学部准教授 徳永亜希雄

目的

横浜国立大学教育学部附属特別支援学校が取り組んでいる本人参加による自立と社会参加を図る授業づくりをもとに、「社会に開かれた教育課程」の実現に向けた研究協議を行い、特別支援教育及びインクルーシブ教育の実践力の向上を図ります。

対象
小学校 中学校 高等学校 中等教育学校 特別支援学校

総括教諭及び教諭、養護教諭

その他

【横浜国立大学教育学部附属特別支援学校連携講座】

・横浜国立大学教育学部附属特別支援学校が主催する講座です。

・基本研修の選択研修講座番号:437

・上履き、靴袋を御持参ください。弁当・飲み物等の販売を予定しています。

受講申込み

・自己研鑽での受講希望の方は、横浜国立大学教育学部附属特別支援学校のホームページからお申し込みください。

アドレス:http://sky.netcommons.net/fuyou/htdocs/

受講決定 先着順決定型
問合せ先

企画広報課

(0466)81-1759

このページを閉じる