神奈川県立総合教育センター

 

○善行庁舎

〒251-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-0188

FAX:(0466)83-2040

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩8分

 

○亀井野庁舎(教育相談センター)

〒252-0813

藤沢市亀井野2547-4

TEL:(0466)81-8521

FAX:(0466)83-4500

アクセス 

小田急江ノ島線六会日大前駅から徒歩13分

このページについての

お問い合わせ先

 

 神奈川県立総合教育センター

 企画広報課

 TEL:(0466)81-1759(直通)

 

 平成25年度の教育相談コーディネーター養成研修講座2日目の午後は、小学校・中学校・高等学校の受講者が一堂に会し、「支援をつなぐ」ことをねらいとし、研修を行いました。

 まず、小学校・中学校・高等学校で活躍されている教育相談コーディネーターから実践報告をしていただきました。受講者の「振り返りレポート」には、「各学校の熱心な取組みに刺激を受けた」ということが書かれていました。

小学校・中学校・高等学校

合同協議の様子

 その後は、小学校・中学校・高等学校の受講者が1つのグループを編成し、「教育相談に関わる校内支援体制」「支援が必要な生徒に気づいたとき、どのように支援につなげているか」「どのような外部機関と連携したことがあるか」という3点をテーマに協議しました。

 教育相談コーディネーター養成研修講座において初の取組みでしたが、受講者のみなさんからは、以下のとおり「有意義な研修であった」という声が多数寄せられました。

小・中・高の取組みを聞けてよかったです。協議では、支援体制の違いがよくわかり、継続して支援していくことが大切だと思いました。

小・中・高の校内支援体制を聞いて、成長や発達段階に応じた支援・指導を行っていて、たいへん勉強になりました。

各校種で取り上げられる実態や対応は異なりますが「組織で対応する」という点は共通であると感じました。コーディネーターの役割は重要だなと思います。

小・中学校の支援体制についてお話を聞けて大変有意義でした。自校の支援体制を整える方法を探りたいと思います。

他校種の先生と交流ができたことが良かったです。小・中・高のコーディネーターの連携を考えたいです。

校種は違っても生徒を支援する方法は変わらないとわかり、前向きな気持ちになりました。

<2日目の内容>

小学校・中学校 高等学校・中等教育学校

講義・協議「ケース会議に向けて」

講義「教育相談コーディネーターとして」

講義「発達障害の理解と対応」

医療法人カメリア副理事長 宮田雄吾


実践報告「校内支援体制と教育相談コーディネーターとしての取組み」

公立小学校教員、公立中学校教員、県立高等学校教員、所員

協議「校内支援体制と教育相談コーディネーターとしての取組み」

◎教育相談コーディネーターについては、こちらのページもご覧ください。

「教育相談コーディネーターの部屋」 (教育相談センター)

 

○ これまでのTOPICS

このページの先頭に戻る