神奈川県立総合教育センター

企画広報課

 

○善行庁舎

〒251-0871

藤沢市善行7-1-1

TEL:(0466)81-1759

アクセス 

小田急江ノ島線善行駅から徒歩8分

※大学連携協力事業については、こちらのページをご覧ください。

神奈川県立総合教育センター研修講座報告

○平成26年度 自己研鑽のための研修講座から

1 横浜国立大学教育人間科学部附属教育デザインセンターが主催する研修講座

「いじめ不登校への対応」研修講座

期日 8月5日 火曜日  9:30~12:30
内容

講義・演習 「いじめ不登校への対応」

横浜国立大学教育人間科学部附属教育デザインセンター長 犬塚文雄

目的 不登校の実態を踏まえ、いじめとの関連性やその分析から未然に防止する雰囲気づくりを学び、お互いを認め合い、支え合う学級集団作りをもとに、支援教育のあり方について理解を深めます。 定員 23(総定員70)
会場 横浜国立大学教育人間科学部附属教育デザインセンター
対象
中等

※総括教諭及び教諭、養護教諭、栄養教諭、実習助手

担当課

企画広報課

(0466)81-1759

報告

・講義や対応策の提案と、グループによる話合い・発表を通して学びました。

<講義>

○いじめ・不登校問題の動向

○予防に向けた提案、早期発見・未然防止に向けた提案、保護者への対応に向けた提案

○“生きる力”から“生き抜く力”へ

<活動>

○「教育相談の機能」を発揮した授業づくりについての検討

○YP(ヨコハマ・プログラム)全体構造表によるグループ検討

○共通理解シートを用いたグループ検討

○困難点打開に向けてのグループ独自提案

受講者の感想

YP支援検討会の実際がとても参考になりました。横浜の先生たちの生の声が聞けたのもよかったです。

他の校種の先生と関わる機会は少ないので、貴重なお話が聞けました。講師の先生が、発言を笑顔で聞いてくださりうれしかったです。

犬塚先生のメリハリのある進行が心地よかったです。会議をするとき、支援検討をするときなどは、限られた時間でやらなければいけないので、参考にさせていただきます。

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

「発達障害のある子どもの行動問題への支援」研修講座

期日 8月5日 火曜日  13:30~16:30
内容

講義・演習 「行動問題の理解と指導上のポイント」

横浜国立大学教育人間科学部教授 渡部匡隆

目的 発達障害のある児童・生徒の行動問題について、応用行動分析の視点から理解し、児童・生徒の社会参加を支援する指導プログラムについて理解を深めます。 定員 23(総定員70)
会場 横浜国立大学教育人間科学部附属教育デザインセンター
対象
中等

※総括教諭及び教諭、養護教諭、栄養教諭、実習助手

担当課

企画広報課

(0466)81-1759

報告

・発達障害のある児童・生徒の行動を理解し、適切な支援をするための手立てを確認しました。

・子どもの行動問題を理解する手立てとして、行動の直前の状況と直後の状況と、子どもの行動との因果関係を分析する方法(ABC分析法)を理解しました。

・実際の行動問題について、ビデオを視聴しながらインターバル記録法を用いて記録し、ABC分析法にあてはめ、検討を行いました。

・子どもの行動問題を理解し、指導上のポイントを捉えるためには、子どもの行動の問題となっている状態を具体的に記録することで把握し、ABC分析をすることが重要であることを理解しました。

・支援の手立ての工夫はチームで行うこと、指導の振り返りを何度も行い、計画を点検することが必要であることに気付きました。

受講者の感想

生徒の行動問題を把握するときや手立てを考えるときに、必要な“視点”を学ぶことができたので、どのような場面においても生かすことができると感じました。

子どもたちが発信しているSOS信号(「むずかしいよ、できないよ、やめて」)を受けとめられるように、その表出方法を観察し、捉えていきたいと感じました。

事例をあげての講義でしたので、大変分かりやすかったです。校内の体制はまだ不十分ですが、共通理解のもとに少しずつ支援を考えていこうと思います。

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る

「授業デザイン」研修講座

期日 8月22日 金曜日  13:30~16:30
内容

講義・演習 「授業デザイン・活動デザイン」

横浜国立大学教育人間科学部教授 有元典文

目的 「授業デザイン・活動デザイン」の考え方・実践について学ぶとともに、ワークショップなどを通じて授業づくり・活動づくりについて理解を深めます。 定員 23(総定員70)
会場 横浜国立大学教育人間科学部附属教育デザインセンター
対象
中等

※総括教諭及び教諭

担当課

企画広報課

(0466)81-1759

報告

・「未来の自分を目指す、学習の必然性のある場づくり」について講義やワークショップを通して学びました。

<講義>

○学習の必然性のある場について検討しよう

○主体的な学習の4基準を振り返ろう

○未来の自分を体験させることの意義について考察しよう

○生活の質を高める授業案を案出しよう

○学習観をとらえなおそう!

受講者の感想

学習環境デザイン4基準を知ることができました。また、それを知識として知るだけでなく、実際に話し合って指導案を考えることができたのも有意義でした。

人間の学習の特質という話は、とても新鮮でした。いろいろなことが便利になっていく現代の生活の中で、「考えずにできてしまう、やってくれている」ことが多いので、自分自身も戒めとして特質を知ることができ、よかったなと思っています。

授業デザインって何だろう?と思っていましたが、子どもが学びたい!やってみたい!と思える設定、しかけ、準備だと分かりました。これまでもやっていることではありますが、意識をもってもっとできたらいいと思いました。

研修講座報告のページに戻る

このページの先頭に戻る