HOME県民のみなさまへ > 子どもサイエンスフェスティバル 藤沢大会

このページは平成26年のものです。平成27年のページはこちらをご覧ください。

チラシ [PDF]

平成26年2月11日(火曜日・祝日)

10:00 ~ 15:00

神奈川県立総合教育センター 善行庁舎

受付:南棟1階大講堂前庁舎案内図

※ 会場内通路や駐車スペース、周辺道路等に雪が残っている場所があります。来所の際はお気を付けください。

※ 小学生から大人まで楽しめる内容です。事前申し込みは不要ですが、人気のあるブースは混雑が予想されますのであらかじめご了承ください。

【催し物のご案内】(予定)

詳しい内容、時間等はチラシをご覧ください。

<サイエンスショー>

鉄の船が浮かぶわけ

横山 一郎

野菜、鉄の船、ボウリング球、発砲スチロール球などを用いて、水に浮くものと沈むものを確かめながら、浮力のしくみについて考えます。

びっくり実験・ふうせんと水

青少年センターおもしろ実験・科学工作指導者セミナー修了生

風船を素材に空気と水を使った様々な現象を確かめます。園児から大人まで楽しめる内容となっています。

 

<科学のお店(ブース)>※順不同

たたんでひろげる宇宙構造物

JAXA(独)宇宙航空研究開発機構

大きなものを宇宙に持って行くためにはロケットに積む必要があるため、折りたたんでおいて、宇宙に出てから展開・組立を行います。「ミウラ折り」などの宇宙展開構造物を作ることでそのしくみや魅力にせまります。

ガチャポンケースで工作をしよう!

はまぎん こども宇宙科学館

ガチャポンケースをリサイクルして、「おきあがりこぼし」を作ります。

10:00~12:00 13:00~15:00 ※各回先着100 名(なくなり次第終了します)

宇宙エレベーターを動かしてみよう!

神奈川大学工学部 宇宙エレベータープロジェクト

宇宙エレベーターは、静止軌道衛星と地表を結ぶ頑丈なケーブルを伝って登り降りする昇降機(ロボット)であり、その実現に向けて研究を行っています。今回、ラジコンカーをベースにした軽量級昇降機を紹介します。これを皆さんで組み立てて操作し、宇宙への夢をいだいてください。

すうがくアラカルト「フラーレンボールをつくろう!」

三浦学苑高等学校科学部サイエンスエッジ

フラーレンとはダイヤモンドと同じ炭素の同素体で、炭素元素60個が対称に配置された物質です。形はサッカーボールのデザインになります。これをPPバンド6色で工作します。その他に、おもしろ実験・パズルなどを展示します。

神奈川の大地から金!?や宝石などを取り出そう!

神奈川県立相模原青陵高等学校地球惑星科学部

神奈川の大地に眠る金!?や宝石などを「超簡単」「超時間短縮」「水があまりいらない」方法で実際に取り出します。取り出した金!?や宝石は、顕微鏡を使って観察します。

LEGOロボで遊ぼう!

神奈川県立西湘高等学校理科部

LEGO(レゴ)ロボットに自由にふれることができる体験型のブースです。LEGOを組み立てることや、プログラムを組んでロボットを動かすこともできます。高校生がサポートしますので、誰でも楽しむことができます。

モールス通信を体験しよう!

ふしぎな絵(字?)をつくろう!

紅葉ヶ丘無線クラブ と ほんままさこ

点(トン)と線(ツー)という二つの音で、言葉や文字を表すモールス通信(電信)を体験できます。

トイレットペーパーの芯を使って、筒面鏡を作ります。この筒面鏡は、光の屈折やゆがみを体験できます。

捨てている熱からエネルギーを取り出す

NPO法人 神奈川県環境学習リーダー会

自動車はガソリンで走りますが、エンジンが動力として使っているのはガソリンを燃やして得たエネルギーの半分以下です。熱として捨てているエネルギーを有効利用する温度差発電やスターリングエンジンを実演します。

おもしろ科学ひろば

NPO法人 おもしろ科学たんけん工房

「さわって、動かして、挑戦!」

①ジェットコースター ②風に向かって走る風力車 ③ミニホバークラフト ④CD分光器、虹の小箱

熱闘!紙バトラー

株式会社リコー

カラーサインペンで描いたモンスターの絵を複合機で読み込み、他の参加者が描いたモンスターとスクリーン上で対戦を繰り広げる仮想ゲーム方式の実験プログラムです。デザインや色遣いを工夫して、より能力の高いモンスターを描くことが勝利へのポイントとなります。

くるくるレインボー

猪間 進

光沢のあるポリプロピレン製反射テープを細長く切り、上下をシールに貼り付けて球状のものを作り、これに竹ひごを通して先端をとめます。でんでん太鼓のように竹ひごを反復してくるくるさせるとテープに光が反射してシャボン玉や花やつぼみのように見えます。

身近なタネを調べてみよう

巨大レンズをのぞいてみよう

大きな振り子を見てみよう

県立総合教育センター

身の回りにあるいろいろな植物のタネの構造や性質について実験や展示をします。

巨大レンズを設置し、その両側に立ち、互いの姿を観察します。

大きな振り子を使って、時間を刻む様子を見ます。

 

 

【会場のご案内】

クリックすると拡大します。

神奈川県立総合教育センター(善行庁舎)

藤沢市善行7-1-1

 

◆電車の場合

小田急江ノ島線善行駅より徒歩約8分

◆お車の場合

正面入り口から入り、左手の駐車場をご利用ください。

 

 

<主 催>

神奈川県立青少年センター    神奈川県立総合教育センター

<問い合わせ先>

神奈川県立総合教育センター 企画広報課 子どもサイエンスフェスティバル係

電話 (0466)81-1759(直通)

このページの先頭に戻る