一人ひとりの教育的ニーズに応える支援教育の充実をめざして

 

県立総合教育センターは、神奈川県教育委員会が平成19年8月に制定(平成27年10月一部改定)した「かながわ教育ビジョン」の理念の実現に向け、平成27年10月に策定された「教職員人材確保・育成計画」に基づき、

Ⅰ 優れた教育人材の育成Ⅱ 学校を支援する調査・研究の実施Ⅲ 県民や学校のニーズに応える教育相談の実施

を三つの柱とし、神奈川の教育の発展に努めています。

 

 教職員のライフステージに即し、キャリアに応じた基本研修や、マネジメント能力向上のための研修、授業力向上のための研修等を実施することにより、高い指導力と意欲を持つ教育人材の育成を図ります。

 また、神奈川の教育の将来を担う人材を育成するため、「かながわティーチャーズカレッジ」を開講するとともに、若手教員のサポートを行います。

 授業改善や児童・生徒理解、多様な教育課題の解決、教育施策の形成や提言・検証等に関する調査・研究を実施し、その成果を発信します。

 また、カリキュラム開発センターでは、教育や学校に関する幅広い情報の収集・提供を行うとともに、カリキュラム開発や授業改善などに関するカリキュラム・コンサルタントを実施します。

 児童・生徒のさまざまな悩みや相談について、多様な専門職を活用した教育相談を行うとともに、各学校での教育相談の核となる教育相談コーディネーターの養成を推進します。

 また、特別支援教育の充実に向けて、特別支援学校等を支援します。